東京リハビリテーションセンター世田谷
採用サイト平成31年4月 開設予定

採用説明会開催日程のご案内

利用者さんの思い
表現したい気持ちの
代弁者になりたい

山下 由莉

YURI YAMASHITA

障害者支援施設

STAFF INTERVIEW
スタッフインタビュー

南東北グループに入るまでの経緯を教えてください

学生時代、学校の先生に福利厚生面も含めてすごくいい施設だとオススメされたのがキッカケです。

働くことを決意した決め手はなんですか?

実際に実習に参加してみて、楽しいと感じたことが決め手になりました。

実際に働いてみて感じたことを教えてください

大変なことがないとは言えないですが、それ以上にやりがいだったり、充実感を感じる場面がたくさんあります。
早番・遅番・夜勤がありますが、どの勤務帯でもまずは利用者さんへの挨拶から始まります。
その際に気をつけていることは利用者さんの顔色などから体調の良し悪しを感じ取るようにはしています。

現在はどのようなお仕事をしていますか?

障害を持たれている方が入所しているセクションに勤務しています。
元々は保育士の勉強をしていました。介護福祉の知識・技術に関しては、ここでの実践で覚えてきました。

福祉の世界で仕事をするうえで、大切に感じていることはありますか?

ここに入所されている方は一人で日常生活を送ることが難しい方が多いです。
障害を持っている方は自分の思いを表現することが難しい場合が多いので、その気持ちの代弁者になってあげられるように日々勉強中です。

仕事で嬉しかったこと、逆に大変だったことはありますか?

高齢者の方が転んで怪我をするような事故とはまた違っていて、自傷行為、たとえばいきなり走り出して壁にぶつかるなど様々ですね。防ぐことが難しい場面もあるのでそこは難しいところです。
職員にあまり付いてきてほしくないというしっかりとした意思を持っている人もいるので、そこは尊重しつつ、どのラインまで関わっていくか日々葛藤があります。

思い描いている目標、また夢はありますか?

2年目までは自分のことで精一杯で、3年目から周りの先輩方の技術を感じる余裕が出てきました。
先輩方がやっている支援とは別の業務もあるので、そういった仕事も出来るようになっていきたいと思っています。
支援業務も慣れてくると、効率を優先しがちになってしまうのですが、一番大事なのは利用者さんの気持ちということを再度認識して関わっていかないとなと常々考えています。

この施設で働くことを考えている未来のスタッフへメッセージをお願いします

どんなところなのか想像しづらいし、怖い印象を持っている方もいると思いますが、言葉を超えた「絆」というと大げさかもしれませんがそれに似たような感覚も生まれてきます。
障害を持った方へ深く関ることで”なぜこんなことを言ったのか””なぜこんな行動をとったのか”など理解したいという気持ちが溢れてきます。それはどんな人と関わるにしてもとても大切なことだと感じています。
資格の有無にかかわらず、興味を持たれている方は実習など積極的に現場に踏み込んできてほしいと思います。

他スタッフへのインタビューを見る